インドネシアの資源と金融に関して

インドネシアの資源、農作物生産は、実は、世界シェア上位を占めています。
  パーム油・・・1位(1,690万t)
  天然ゴム・・・2位(282.4万t)
  すず鉱・・・・2位(102万t)
  金鉱・・・・・6位(16.4万t)
  石炭・・・・・7位(2億2,948万t)
  他にも多数あります。これだけの資源を持ち、輸出している資源国家と
なっています。

インドネシアの大手4銀行「マンディリ銀行、インドネシアラクヤット銀行、
セントラルアジア銀行、ネガラインドネシア銀行」
の上半期決算では、貸付残・増益率共に2桁成長となっていて、国営3行は
+40%以上の増益率を確保しました。

個人顧客や中小事業者を含む企業の好調な資金需要を背景に、貸付残高が2桁成長。
また、自動車ローンや住宅ローンが、貸付成長を牽引しています。