インドネシア アラムステラ・プロパティ(ASRI)

インドネシアの不動産開発のアラムステラ・プロパティAlam Sutera Realty
Tbk(ASRI)社は創業が1993年で住宅不動産をメインに開発しています。

主にジャカルタ西部のタンゲンラン地区の開発を進めています。
インドネシアバンテン州の都市タンゲラン市はジャカルタの西約20kmに位置していて、
ジャボデタベック都市圏でジャカルタに次いで2番目に大きい地区となっています。
スカルノハッタ国際空港が市内にあり近年大きく成長している都市の一つです。

同社では他にもバンテン州、西ジャワ州などでも展開しながら、開発を進めます。
旧社名はPT Adhihutama Manunggal 社から2007年に
PT Alam Sutera Realty社へ新社名変更しています。

同社の売上では2兆4464億ルピア 純利益では1兆1927億ルピアでした。