インド タタモーターズ

インド資本のタタモーターズではタイ国内販売自動車であるバス、トラック
などをバンコクトレード&エキシビジョンセンターで2011年12月公開します。

新型全長12M大型バスをインドから輸入販売します。
エンジン260馬力の圧縮天然ガスCompressed natural gas(CNG)で稼動します。

納入先候補としてBangkok Mass Transit Authority(BMTA)を挙げていて
今後大量輸送機関の交通機関へ狙っていくとしています。
すでに中国のバス製造会社などが納入実績があるため、インド系としても
関心が高い分野であるとしていて、今後は340馬力のCNG型エンジンを
積んださらに大きなバス、420馬力のディーゼル型エンジンを積んだバスも
韓国合弁のタタ・デウブランドで展開するとしています。