タイ タイスタンレー(STANLY)

スタンレー電気は、タイ中部の洪水を受け10月21日から稼動を停止していたタイスタンレー(STANLY)が一部ライン再開を発表しています。タイ・スタンレーは日系ですがタイ自動車部品セクター大手。
自動車の照明部品、電球などを生産していますが、今回の洪水で生産停止に追い込まれていました。

2011年度第3四半期までの業績は売上で46億8800万バーツで純利益で6億7500万バーツでした。2010年度は好調で売上92億4900万バーツ
純利益14億2700万バーツでしたので、今期は減収減益になる見通しが強くなっています。

また自動車部品大手アーピコハイテック(AH)では2010年度の売上で118億9400万バーツ、純利益3億5600万バーツと初めて100億バーツ越えていましたが、2011年度は減収予測を出しています。
第3四半期までの発表はまだしていませんが上半期の業績は売上58億1000万バーツで
純利益1億3800万バーツでした。

洪水被害の影響によりアユタヤ県のハイテック工業団地に構えているAAPICO Hitech PLCでは洪水が押し寄せてしまい、操業が停止しています。
操業停止期間は10月12日~で損害保険でカバーしていますがプラスではないため、損害は間接的に増加します。