タイ 政治

タイでは2010年度は2月14日が旧正月でした。
バレンタインデーでもあったために、男性が女性に花束を贈る日として
大きなイベントの日となりました。

日本のようにチョコを渡す習慣はなく男性が女性へ向けて愛を告白するイベントになっています。
この日だけは街中で赤いバラが高く売買されます。
赤いバラ以外にもプレゼントをしたり、ディナーでもてなしたりと
男性側から女性へアプローチする日になっています。

2010年の旧正月は2月14日より~3日間の休日があり、16日まで続きます。
しかしながらタイのほとんどの企業は祝日休日ではなく、通常業務日になっています。

また、2月26日に、
タクシン元首相の760億バーツの巨額資産没収をめぐる判決を言い渡す日程が決まっていることで
水面下では不穏な事件が発生しています。
タイ最高裁近くでは、爆発物が発見され警察が到着し爆発物を処理しています。
治安当局は元首相派グループによる破壊活動の可能性もあるとみています。

タクシン一族グループの資産約760億バーツは
サイアムコマーシャル銀行(SCB)に凍結されていて、海外資産を含める総額は不明なものの、
タイ政府側で捕捉している資産が凍結されることで
タクシン派支持グループが窮地におちいることは確実とされています。