タイの生命保険事情

これまで損害保険(特に車)会社は多数あったものの、
生命保険に加入する文化では無かったタイですが2005年頃から急激に伸びています。
初年度契約が伸びており、TVコマーシャルも多数放映されています。

AIA(アメリカンインシュランス)
THAI(タイ生命保険)
アユタヤCPアリアンツ(ドイツ系生保)
サイアムコマーシャルNY生命保険(SCNYL)
ムアンタイ生命保険
などが大手になります。

例をあげると30歳男性が加入するプランでは
1年間15150バーツ(4万円くらい)は生命保険への支払いで所得税控除対象で、
病院へは2000バーツまでの上限、
外科手術で6000バーツまでの上限
死亡時30万バーツが受け取れると言うプランになっています。

これまでは10万バーツがほとんどだったタイの生保事情を考えると
かなり金額も上がってきました。