タイ BTSホールディングス(BTS)

タイの高架鉄道モノレールを経営するBTSホールディングスでは2012年2月20日
より新車両(4両連結車両)をBTSスクンビットライン(モーチット~ベーリン間)
で導入を開始したとしています。

当分の間3両連結のシーメンス製の車両と4両連結長江汽車製の車両の併用で運行を
していくとしています。

ベーリン~オンヌット間の新規延伸ラインが誕生してからはバンナー地区の
中間所得者層が利用するようになり毎朝大混雑になっています。
特にバンナー駅、ウドムスック駅には大量の通勤客が利用することになり、
人の流れが大きく変化しました。

BTSホールディングス(BTS)の2010年度(2010年度4月~2011年度3月)の業績は
売上で68億3100万バーツと急上昇。
純利益では2億8400万バーツでした。
すでに第3四半期までで売上69億8500万バーツで 純利益で17億4600万バーツに
なっています。