タイの政治

タイの首都警察ではバンコクの153の警備ポイントを警戒区として
爆発事件の再発を防ぐとしています。
特に王宮周辺の警備は強化するとしていて、行政区官庁、政党本部、コンビニエンスストア
などを警備、循環するとしています。

パトロールや特別警備を進めていくとしています。
これまで地下鉄入り口の警備のみの重点強化は継続していましたが、

過激派の爆発物事件が連続しているために今回の発表を決定しました。