1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ アドバンスド・インフォ・サービス(ADVANC) トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ アドバンスド・インフォ・サービス(ADVANC) トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)

タイ中央行政裁判所は9月16日に、
タイ国家通信委員会(NTC)National Telecommunications Commissionによる携帯電話3G通信の事業入札を
憲法違反とするタイ通信公社(CAT)の訴えを受理したと発表しています。これによって
9月20日に予定されていた事業入札は一時差し止めになりました。

携帯各社の株価は大幅に下落しています。
今回の入札に参加する予定であった
キャリア1位 アドバンスド・インフォ・サービス(ADVANC)
キャリア2位 トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)
キャリア3位 トゥルームーブ(親会社TRUE)のタイの大手携帯キャリア3社が準備していました。

各社は2G通信システムに関しては
タイ通信公社(CAT)とタイ電話公社(TOT)へ通信利用料を支払うかたちになっていて、
通信キャリアには大きな負担、公社側には大きな収入になっていました。

2006年クーデターによる憲法改正で
軍事政権が制定した2007年度憲法の内容では通信・放送事業の監督を行う機関を
国家通信放送委員会(NBTC)National Broadcasting and Telecommunications Commission
とするとしましたがこちらはまだ設立に時間がかかっています。

今回のCATの訴えはNBTCが主導で3G入札事業をするべきでNTCがするべきではないと言う
のが主張ですが、3G技術が遅れているCAT&TOT側ではできるだけ時間を遅らせたい、
利権を奪われたくない姿勢が見えます。

憲法上は確かにNBCの3G入札実施は違憲という意見もありましたが、
このままNBCで入札がおこなわれるところをCATが滑り込んだかたちになっています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事