タイ 中央宣興タイランド(CHUO)企業解説

タイ証券取引所の2部市場に上場している日系広告会社に中央宣興タイランド
(CHUO)があります。
今回、日本の武富士が倒産したことで、影響が懸念されていますが、問題はないと
の発表をしています。

中央宣興タイランドは本社をスクンビットのエンポリアムタワー内に入居しており、
広告代理店事業として1963年から活動開始。
中央宣興アドバタイズグループとして東南アジアを中心に世界9カ国で展開しています。
タイランド、日本、香港、台湾、インドネシア、シンガポール、ベトナム、マレーシア、
カンボジアと幅広く展開してます。

日本の中央宣興はTVコマーシャルなどの広告代理店で、過去は「武富士ダンサーズ」
で有名となったテレビCMなど大手企業広告を手掛けてきたものの、近年はインターネット
への広告シフトによる既存媒体の広告費の減少で売上が減少。

資金繰りに行き詰まり、破産申請の手続きとなりました。
負債総額は76億3200万円となっています。