タイ ヘマラート・アンド・ディベロップメント(HEMRAJ)SILインダストリアルランドを完全子会社化

タイの工業団地販売、管理などをおこなうヘマラート・アンド・ディベロップメント
(HEMRAJ)は10月、タイ中部サラブリ県にあるSIL工業団地とタイ東部ラヨーン県の
ラヨーン工業団地を所有運営していたSILインダストリアルランド社の株式75%を
タイのセメント最大手サイアム・セメント(SCC)から7.6億バーツで取得、同社を
完全子会社化しました。

ヘマラート&デベロップメント社が所有運営する工業団地はラヨーン県の
イースタンシーボード工業団地を中心に6カ所展開しています。
多くが自動車部品関連の企業になり、スズキ自動車も2012年からエコカー生産を
この工業団地で生産します。

タイの工業団地へ出掛けていろいろと見てきた経験がある方は
少ないかもしれませんが、近年道路整備も進み、タイの工業団地内のインフラも整い、
日本食レストラン、ゴルフ場、学校、銀行の支店、マクドナルドなどなど便利なサービス
が次々と出来始めています。
特にアマタナコン工業団地などは5年前は日本食レストランなどはなかったのですが、
現在は日本食レストランも複数、高級ゴルフ場なども出来便利さが増しています。

こちらのアマタナコン工業団地(チョンブリ県)とアマタシティ工業団地(ラヨーン県)を
運営するのがアマタ・コーポレーション(AMATA)です。
さらにこのアマタナコン工業団地からリゾート地パタヤの方向へ進み、また南へ走ると
ヘマラートランド&デベロップメント(HEMRAJ)が経営するイースタンシーボード工業団地
が見えてきます。
タイの東南部チョンブリ県、ラヨーン県では日本の製造業の会社が数多く進出していて、
トヨタの部品メーカー、ソニー、デンソー、日野自動車、ダイキン、富士通ゼネラル
花王などなどぱっと挙げただけでも有名企業がたくさん出てきます。