タイ 洪水問題対して協力して緊急の金融補助態勢を構築

タイ国内で日々悪化している洪水問題に関してKorn財務大臣は、国営系の各金融
機関に対して協力して緊急の金融補助態勢を構築するように要請しています。

緊急支援の内容としては今回被災した被災者の借金や負債に関して一時的な延長を
図ること、破壊された家屋修繕費用に関して融資をすることなどが盛り込まれていて
2億バーツ~5億バーツ規模になるとしています。

8つの国営金融機関は
KTB クルンタイ銀行 →融資への基準緩和
GSB 政府貯蓄銀行 →既存負債の利子をリスケ 30万バーツまで融資
GHB 政府住宅銀行 →修繕費用融資 
イスラミック銀行   →修繕費用融資
タイ輸出入銀行    →輸出業者へ対しての融資延長
SMEタイ中小企業銀行 →特別緊急融資の提案
タイ農業銀行 →利子の支払い延長、10万バーツまでの新規融資
などを提案しています。

またクルンタイ銀行(KTB)では2010年度の貸し出し成長率が10%を越えると
見ています。
2010年1~9月期ですでに9%を越えていて、国家プロジェクト、インフラプロジェクト
などで今後も大きく増加すると見ています。