ラオス 外商銀行(BCEL)とラオス電力公社、LSX上場準備

ラオス国営の外商銀行(BCEL)とラオス電力公社は、2011年1月にスタートする
ラオス証券取引所(LSX)に株式を新規公開する方向で準備に入ったとしています。
両社は来年早々に各種の手続きを終える見通しで、LSX上場の第1号、第2号となる
可能性もあるとしています。

<1>ラオス外商銀行 Banque pour le Commerce Exterieur Lao (BCEL)

http://www.bcellaos.com/

BCELはラオス中央銀行(Bank of Lao PDR)の1機関として1975年に設立され、
1989年に国営商業銀行に改組した。同行は従業員約1000人を抱え全国に広がる
ネットワークを有し全国シェアの40%を占めている。
ラオスの大手金融機関になる。

<2>ラオス電力公社Electricite du Laos(EDL)
EDLは発電部門を子会社に改組し、新規設立子会社・EDL発電有限会社
(EDL Generation)の株式25%を外部の投資家向けに発行する。
EDL Generationは2011年1月にLSXに上場する予定。
EDLは現在、総出力384MWの水力発電所7か所を保有している。

ラオス証券取引所(Laos Stock Exchange)LSXは韓国証券取引所(KRX)の協力と
支援で2010年10月に発足しています。

この他にも
ラオ・ブリュワリー(Lao Brewery)
ラオ・テレコム(Lao Telecom)
ステイトフューエル・エンタープライズ(State Fuel Enterprise)
ラオ・エアー(Lao Air)
ラオ・アビエーション(Lao Aviation)
エンタープライズ・テレコミュニケーションラオ
(Enterprise Telecommunication Lao)
ラオ・ワールド・グループ(Lao World Group)
ダオ・フアン・グループ(Dao Heuang Group).

などの各社が上場に関心を持っています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。