タイ アマタ・コーポレーション(AMATA)

工業団地セクターの企業群の業績もここにきて上昇しています。
タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーション(AMATA)では
14.6バーツまで上昇しています。
2011年の業績も増益見通しとなっています。

また外資企業の進出ラッシュに合わせるように税制優遇が導入されています。
医療サービス、運輸サービス、病院事業などにも税制優遇が適合します。

Chaiwuti Bannawat工業相はBOIのミーティングの後に洪水などで被害を受けた機械の
輸入措置に関しても税制減免をおこなうとしています。
2011年末まで継続するとしています。

アマタ・コーポレーション子会社のAmata B Grimm Power (Rayong) では
50億バーツの発電施設と蒸気発電設備117メガワットで1時間で30トンの蒸気を発生する機械を
ラヨーンで投資するための優遇税制を採用しています。
合板事業、ラジアルタイヤ事業、4輪事業なども採用されています。

アマタコーポレーションの第3四半期までの業績は
売上22億3000万バーツで、純利益では4億6800万バーツでした。