タイの観光産業

タイのハブ空港であるスワンナプーム国際空港を合わせ、タイの海外からの
観光旅行者数とその観光収入は以下のように
2007 5470億バーツ 1300万人
2008 5320億バーツ 1450万人
2009 5700億バーツ 1410万人
2010 5500億バーツ 1550万人 (推定)
2011 6200億バーツ 1750万人 (推定) となっています。 

しかしすでにイミグレーションでは混雑しており、待ち時間が長いという苦情、
サービスの質の低下などもクレームの原因になっています。

タイの2010年度のGDP成長は+7.9%となる見通しですが、輸出などで前年比
+10%以上伸びるなど、好調が続きました。

観光産業では一番のリスク要因が政治情勢とされています。
Kavee Chukitkasemカシコン証券リサーチャーは
「タイでは政情混乱は常にあるリスクとして認知されてきている。
しかしながらビジネス環境にはさほど影響しないだろう。
問題があるとすると観光産業のみである。」
としています。

Surapol Sritrakuタイ旅行代理店協会会長は
「多くの観光客は政情不安の可能性を危惧している。
そのため、まだ本格的にバンコクへの旅行ブームは来ていない」
とコメントしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。