タイ ダッチミル・グループ

タイの乳製品大手ダッチ・ミルグループではタイ農業省と提携し、契約農家から原乳を集め
タイのミルクを国際水準レベルまで引き上げるとしています。

今回のタイの農業省の新規合意に関しては原乳の集荷センターで検査・検疫を行い、
厳しい検査を通すことで2016年以降のAsean Economic Communityに対して国際競争力を高めることが狙いであるとしています。

MOUの中で、タイの原乳生産から乳製品の加工品まで管理を進めるとしています。
副社長のPornchai Sawadsuksobchai氏はパイロットプロジェクトとして、3,587の酪農家と契約。
生乳を集荷し、検査をしていくとしています。
1日あたり1頭15キロの生乳を生産するレベルまでにおよそ3年内を目標とし、
現在の13キロを向上、改善していきます。

タイの乳製品企業別シェアはネスレが首位。フリースランド・フーズ・フォーモスト
(タイランド)が2位。
ダッチミルは3位となります。CP明治が4位となります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。