タイ MCOT

タイのチェンネル9を放映しているMCOT(MCOT)では2013年度の第1四半期の業績に関して、予想以下の成果であったのが残念であったと表明しています。
第1四半期の業績は売上で13億8800万バーツで前年比6.0%増 純利益では3億7400万バーツでした。

経営陣ではもしMCOT社がイングランドのプレミアリーグ放映権サブライセンスを獲得できれば業績は上昇する見通しが強いとコメントしています。

MCOT会長のSutham Saengpratoom氏は、また今後の課題としてタイの放送権を管理する官庁National Broadcasting and Telecommunications Commission(NBTC)が今後5年内にテレビ局管理の更新手続きをおこなうように指導されたとしています。

また、BECワールド社もチャンネル3の管理権更新を2020年までに必要とするとしています。
TrueVisions社との契約では総収入の6.5%分をBEC社との契約では年間2億バーツの権利フィーを得ていて、今回の契約更新に向けてMCOT社では契約内容の準備を進めるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。