タイ MCOT

タイのチェンネル9を放映しているMCOT(MCOT)では2013年度の第1四半期の業績に関して、予想以下の成果であったのが残念であったと表明しています。
第1四半期の業績は売上で13億8800万バーツで前年比6.0%増 純利益では3億7400万バーツでした。

経営陣ではもしMCOT社がイングランドのプレミアリーグ放映権サブライセンスを獲得できれば業績は上昇する見通しが強いとコメントしています。

MCOT会長のSutham Saengpratoom氏は、また今後の課題としてタイの放送権を管理する官庁National Broadcasting and Telecommunications Commission(NBTC)が今後5年内にテレビ局管理の更新手続きをおこなうように指導されたとしています。

また、BECワールド社もチャンネル3の管理権更新を2020年までに必要とするとしています。
TrueVisions社との契約では総収入の6.5%分をBEC社との契約では年間2億バーツの権利フィーを得ていて、今回の契約更新に向けてMCOT社では契約内容の準備を進めるとしています。