タイ アジアンプロパテイ(AP)

タイの不動産大手4位のアジアンプロパティ(AP)では10の住宅プロジェクトを
発表しました。
総投資額は116億バーツで2012年度後半より開始します。
2012年度の売り上げ目標は200億バーツにするとしています。

一戸建ては2つのロケーションで21億バーツ
タウンハウスは6つのロケーションで66億バーツ
コンドミニアムは2つのロケーションで28億バーツになります。

結果2012年度は17のプロジェクトで合計203億バーツを投資。
CEOのVittakarn Chandavimol氏は上半期は好調で7つのプロジェクトのうち、
コンドミニアムのアスパイアーブランドAspire Sathorn-Taksin
(投資額8.9億バーツ 546戸数150万バーツから販売) は好調であるとしています。
アスパイヤーブランドはすでに6つあり、
ラマ4世、ナムヲンワン、シリナカリン、ラマ9世、スクンビット48、ラタナティベート
に建設済みです。

コンドミニアムの需要は100万~300万バーツが主流であり、強い成長が続いているとのこと。