タイ 地震の対応

タイ国内における地震による認識は2004年のインド洋大津波:スマトラ島沖大地震
による巨大地震がプーケット島を襲った結果死者は5,305人、怪我人は8,457人と
なりました。

プーケット島内の商業施設などでは避難方法などを義務付けていくことなどの動き
が出ています。
また建設業者も一定の耐震構造を持ったビルの建設、耐震、防振の補強が求められる
ようになります。

当局ではタイ南部の7県(プーケット県 スラタニ県、クラビ県、チュンポン県
パングナー県 ラノン県、ソンクラー県)はより厳しい建設基準が予想されています。

カテゴリーとしては
Zone1  弱い土壌の地区で  Bangkok, Nonthaburi, Pathum Thani,
Samut Prakan and Samut Sakhon.などのバンコク近郊
Zone2  その周辺にある地区 Kanchanaburi, Chiang Rai, Chiang Mai, Tak,
Nan, Phayao, Phrae, Mae Hong Son, Lampang Lamphun.
と定義されています。