タイの自転車事情に関して自転車用道路の整備計画

タイ国内では自転車ブームが起き始めています。
タイの国際空港スワンナプーム国際空港では、グリーンバイクレーンを2014年に
開放しました。
同レーンは23.5Kmのトラックを用意。
2,000名以上の自転車愛好家が訪れます。
プラユット首相は2,000万バーツを掛けて自転車利用者への利便性と安全性を
高めるための施策・政策を進めるとコメントしています。
同氏はタイ輸送省へ指示を出して省エネ、省電力、クリーンであることはタイの
エネルギー抑制につながるとしています。

バンコクには2014年時点で31の自転車ルートがあり、今後さらに新しいレーンは
12kmの長さで、Pradit Manutham通りからArt Narong-Ram-Indra高速へ抜ける
ルート、またバンコク郊外ではピサヌローク県のNan川における23Kmの長さの
自転車ルートを設ける計画です。

バンコク都庁Bangkok Metropolitan Administration(BMA)では、ラタナコシン島
周りの8Kmを自転車レーンとして整備をしています。
同レーンは国際基準としてグリーンのラインを引き、白色のストライプを入れるなど
自転車専用レーンとして分かりやすい表記を導入しています。

タイ証券取引所に関して自転車関連企業は上場していません。
しかし店舗の開業や大型デパートでの自転車系のイベントが多くなっています。