タイの政治 タブレット配布計画

インラック政権下で決められた全ての児童・学生へタブレット配布計画に関して
中国系企業の撤退と同時に新しい契約企業がスライドして決定されています。

教育省のChaturon Chaisang氏はゾーン3計画とするタブレット入札に関して
Supreme Distribution (Thailand)社が決まるだろうとコメントしています。
今回の入札で12億バーツという提示が出され、通常予想価格のマイナス500万
バーツ低い金額でした。
一番低い価格帯を提示しましたが、2社のみが今回の入札に参加し計画タブレット
台数426,683台をタイ中央部、タイ南部に配布する計画になります。

ゾーン1 ゾーン2 ゾーン4では入札を実施しましたがきちんとした成果が
出せていないのが現状です。

中国系企業のShenzhen Yitao Intelligent Control社はゾーン1 ゾーン2での
入札を2013年9月勝ち取りましたが、未だタブレットを納入出来ていません。
同社はキャンセルをしたい通知をタイ政府へ出しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。