インドネシア ペルサハーンガスネガラ(PGAS)プルタミナとの合弁傘下になることで資本強化

インドネシア証券取引所(IDX)上場企業で天然ガス開発大手ペルサハーンガスネガラ
Perusahaan Gas Negara(PGAS)ではインドネシア国営のプルタミナ
PT Pertaminaとの合弁傘下になることで資本強化になるとコメントしています。
同社代表取締役のHendi Prio Santoso氏は2014年度はUS$12億USドルを準備し
6.5億ドルは東ジャワのUjung Pangkah鉱区の株式75%購入資金、$2億ドルは
輸送部門開発費用へ 4億ドルは貯蔵施設のメンテ/開発費用になります。

ペルサハーンガスネガラは国営資本でガス販売、輸送を東ジャワ、ジャカルタ、
西ジャワ一部、スマトラ地区で展開しています。
57%が国営の資本で残りは民間と株式市場になります。

プルタミナ傘下になる時期などはまだ未決定ですが事業計画としてPertamina社が、
天然ガス開発、流通部門してPGASをプルタミナ子会社でガス部門を展開する
PT Pertamina Gas(Pertagas)と合併させていく計画になっているとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。