タイ カシコーン銀行(KBANK)

タイの資産規模3位カシコーン銀行(KBANK)では新たに投資銀行部門を
設立したと発表しています。
株式市場、債券市場でのマーケットシェア拡大、18ヶ月以内に8000億バーツ以上
を投資していくことを表明しています。

上級副社長のKrisada Lamsam氏によると
投資額の40%はヨーロッパ、アメリカ、アセアンでのM&A事業、投資案件
残り40%はタイ国内の道路、大量輸送交通機関、発電所建設などへ回します。
20%を首都圏、中心都市でのビジネス拡張への投資になります。

また金融専門家の強化を図るためにライバル銀行クルンタイ銀行のKTB Advisory
出身の人材を雇用したと発表しています。

新しい投資銀行の部門長にはカシコーン証券の証券部門Panop Ansusinha氏が就任
しています。
今後海外証券事業での拡大を図ります。