タイの洪水の影響

先週の大雨によって大渋滞が発生したバンコクですが
北部と中部の水力発電用ダムにおいては貯水量に問題はなく当面大洪水の発生
する可能性は少ないとタイ電力公社(EGAT)ではコメントを発表しています。

2012年8月時点の貯水率は66%。
昨年は82%で前年比マイナス16%の状態でした。
タイの大洪水の原因になった北部ターク県のプミポンダム(昨年86%)
同じく北部ウタラディット県のシリキットダム(昨年87%)の貯水量はそれぞれ
50%程度に安定している状態であるとしています。

2011年の9月末ごろからアユタヤ県では洪水被害が始まり、その後は徐々に工業団地
への浸水被害が報告されるようになりました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。