タイ国営石油開発がミャンマーへ投資

タイ国営石油PTTグループの石油開発部門のPTT石油開発
PTT Exploration and Production(PTTEP)では、2018年までにミャンマーへの
投資額US$33億USドルを投じて権益の確保と採掘を進めるとしています。
同社のCEOのTevin Vongvanich氏は33億ドルを掛けて2014~2018年度で総投資額
160億USドルの20%をミャンマーへ注ぎ込むとし、ミャンマー域内の鉱区である
Myanmar M11, Myanmar M3, MOGE 3, Myanmar PSC G&EP 2,
Myanmar MD-7、Myanmar MD-8の開発を進めます。

タイ国営石油PTTグループの石油開発部門のPTT石油開発
PTT Exploration and Production(PTTEP)では、2018年までにミャンマーへの
投資額US$33億USドルを投じて権益の確保と採掘を進めるとしています。
同社のCEOのTevin Vongvanich氏は33億ドルを掛けて2014~2018年度で総投資額
160億USドルの20%をミャンマーへ注ぎ込むとし、ミャンマー域内の鉱区である
Myanmar M11, Myanmar M3, MOGE 3, Myanmar PSC G&EP 2,
Myanmar MD-7、Myanmar MD-8の開発を進めます。

PTTEP社では1995年、1997年それぞれ2つの鉱区をミャンマーと合弁でYadana鉱区
Yetagun鉱区を開発してきました。
Myanmar MOGE 3,Myanmar PSC G&EP 2プロジェクトは同社の最新のプロジェクト
で石油上流工程の部分になります。

2014年8月末時点でPTTEP社のミャンマーからの天然ガス、コンデンセート生産総量
は1.26兆立方フィートと900万貯蔵バレルとなり250名以上のスタッフが従事しています。

同社の2014年度の上半期の業績は売上で1279億3600万バーツ
純利益では306億2100万バーツになっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。