インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシアが投資拡大

インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシア
PT Charoen Pokphand Indonesia(CPIN)はタイのCPグループ傘下で、
CPグループ傘下は他にもBISI・インターナショナル(BISI)、野菜種子、
コーン、コメ生産、セントラル・プロテイナプリマ(CPRO)、
CP系養殖エビ・飼料製造も系列です。

インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシア
PT Charoen Pokphand Indonesia(CPIN)はタイのCPグループ傘下で、
CPグループ傘下は他にもBISI・インターナショナル(BISI)、野菜種子、
コーン、コメ生産、セントラル・プロテイナプリマ(CPRO)、
CP系養殖エビ・飼料製造も系列です。

同社では2014年、15年で総額5.5兆ルピアを割り当てて拡大と買収事業の
計画を進めると発表しています。
CPIN社ダイレクターのOng Mei Sian氏は3兆ルピアを2014年度内に。
2.5兆ルピアを2015年に投資します。

同社は14年度9月に2.3兆ルピアを投じて西ジャワ・チレボンCirebonの会社を
買収しています。
さらにバンテンにあるインドネシア証券取引所(IDX)上場企業である
養鶏事業のPT Sierad Produce社(SIPD)も買収予定です。

同社の2013年度の通年の業績は売上25兆6629億ルピア
純利益では2兆5309億ルピアとなっています。
チャロンポカパーン・インドネシアでは8つの飼料工場、90の養鶏場、
49の雛生産工場、5つの鶏肉加工工場、2,500のディストリビューターを
抱えます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。