インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシアが投資拡大

インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシア
PT Charoen Pokphand Indonesia(CPIN)はタイのCPグループ傘下で、
CPグループ傘下は他にもBISI・インターナショナル(BISI)、野菜種子、
コーン、コメ生産、セントラル・プロテイナプリマ(CPRO)、
CP系養殖エビ・飼料製造も系列です。

インドネシア国内で最大の養鶏事業者であるチャロンポカパーン・インドネシア
PT Charoen Pokphand Indonesia(CPIN)はタイのCPグループ傘下で、
CPグループ傘下は他にもBISI・インターナショナル(BISI)、野菜種子、
コーン、コメ生産、セントラル・プロテイナプリマ(CPRO)、
CP系養殖エビ・飼料製造も系列です。

同社では2014年、15年で総額5.5兆ルピアを割り当てて拡大と買収事業の
計画を進めると発表しています。
CPIN社ダイレクターのOng Mei Sian氏は3兆ルピアを2014年度内に。
2.5兆ルピアを2015年に投資します。

同社は14年度9月に2.3兆ルピアを投じて西ジャワ・チレボンCirebonの会社を
買収しています。
さらにバンテンにあるインドネシア証券取引所(IDX)上場企業である
養鶏事業のPT Sierad Produce社(SIPD)も買収予定です。

同社の2013年度の通年の業績は売上25兆6629億ルピア
純利益では2兆5309億ルピアとなっています。
チャロンポカパーン・インドネシアでは8つの飼料工場、90の養鶏場、
49の雛生産工場、5つの鶏肉加工工場、2,500のディストリビューターを
抱えます。