タイ金融機関大手のバンコク銀行がカンボジアで展開

金融機関大手のバンコク銀行Bangkok Bank(BBL)では、
中小企業向けの貸し出し融資を強化すると発表しています。
特に自国からアセアン近隣諸国へ進出するSME企業向けを狙うと
しています。
消費意欲の強くなっているカンボジア、ベトナム、ラオス、
ミャンマーなどではタイ企業にとって有利な投資機会があるとし、
上級会長のKosit Panpiemras氏がコメントしています。

中小企業は自社の強みを活かしてビジネス機会を求めるべきで、
低迷しているタイ国内から展開を開始するべくであるとしています。

統計ではタイ国内からカンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーの
4か国に2014年度はおよそ70億USドルを投資しているとしています。

同銀行では29番目となるカンボジア支店を開業。
プノンペン市内に開き、ASEAN10か国の中で9番目となる支店開業と
なります。

2015年年初にはミャンマーへフルブランチサービスを展開する支店を
開業しました。
カンボジアの経済はここ3年+6.7%~7.4%と伸びるとしています。
同国の経済はここ10年では平均+7.9%で成長して来ました。