タイのメガ・ライフサイエンス社はタイ市場とミャンマーへ投資

タイ証券取引所(SET)に上場している医薬品・ハーブ薬品製造の
Mega Lifesciencesメガ・ライフサイエンス社(MEGA)では、
8.2億バーツを掛けてタイ国内とミャンマーの市場拡大を進めます。

1.2億バーツ分をサラブリ県でウェルネスセンターを建設、
予防医学を普及させ病気の予防、自然回復を助ける指導を進めます。
1.6億バーツ分でサムットプラカーン県バンポー工業団地17ライ
(1ライ=1600平米)の不動産を取得します。
残り5.4億バーツ分はミャンマー最大都市ヤンゴンで25ライ規模の
配送センターを建設する計画です。

同社は医薬品製造、ハーブ薬品製造、販売、物流の企業で外来向け
医薬品などを扱います。
また、ブランド名”Maxxcare”で消費者向け医薬品を提供しています。
世界的に自然治癒、予防医学の流れが進んでいる状況からタイの
ハーブ薬品なども今後注目度が上がっていくと同社では分析しています。

2015年度業績は売上79億4500万バーツ、純利益6億9600万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。