タイ BECワールド(BEC)およそ1億株を売却

タイのテレビ局チャンネル3を運営するBECワールド(BEC)は創業者財閥グループの
マリーノン財閥がBEC株を私募方式で1株当たり34バーツで、およそ1億株を売却する
計画を発表しています。
タイ証券取引所の株価が高騰している中、自社保有している株式を売却する動きが
出ています。

また同じくメディア企業の英字紙ネーション・マルチメディア・グループ(NMG)でも
創業者グループで筆頭株主だった自動車部品大手
タイ・サーミット・グループhttp://www.thaisummit.co.th/
のソムポン・ジュンルンルアンキット(Somporn Jungrungreangkit)
会長が所有するNMG株2944万株(発行株式の17.9%)を1株9バーツで売却したと
発表しています。

2003~2005年当時はメディアとタクシン政権が対立していました。
そこでタクシン政権側を支援する立場にあったSomporn Jungrungreangkit氏は
Somporn Jungrungreangkit → NMG株式を敵対買収しようと大量購入。
乗っ取りを図ろうとしました。

今回はそれを売却することになっていて、タクシン政権側の影響力低下も報道
されています。