タイのLINEがバンコクでデリバリーシステムを展開

タイで広く普及しているLINEでは「LINE MAN」と呼ばれる
デリバリーサービスを発表しています。
「LINE MAN」は食品・商品の配送を24時間スマートフォンから
依頼できるアプリです。
「配送サービス」「フードデリバリー」「コンビニ商品」の3つの
サービスで展開します。
フードデリバリーではレストランポータル「Wongnai」と提携し、
バンコク周辺地区1万店舗以上の飲食店に注文できるとしています。

通常タイの宅配サービスでは3つの障害・リスクがあげられます。
1.決済部分(現金決済で配達者が持ち逃げしてしまうリスク)
2.受け渡し部分(分譲マンションなどは直接上階まで上がれない)
3.正確な時間(渋滞などで時間通り届けられないリスク)

バンコクはひどい渋滞事情もあり、4輪車ではなく2輪のバイクが
便利とされています。
また、タイ国内ではすでにLINEPAYを1100万人がダウンロード
しています。