マレーシアの建設大手、ビナプリ・ホールディングスはジョホールで大型受注

マレーシアの建設大手、Bina Puri Holdings
ビナプリ・ホールディングス(BPURI)ジョホールでの
石油化学統合プロジェクト、パッケージ22の地下パイプ
工事建設を7300万リンギで受注しています。

同社は1990年に設立された企業で、大きく5つの事業域、
建設・不動産開発・コンクリート製造・ポリオール製造・
送電事業などを手掛け、土壌工事、ビル建設、道路建設などを
行っています。

マレーシア以外ではブルネイ、香港、インドネシア、タイ、
ベトナム、アブダビ、パキスタン、カンボジアなどでも
展開しています。
2015年度業績は売上12億2800万リンギ、純利益337万リンギと
増収減益となっています。

また同社では発電企業の子会社であるPT Megapower Makmur Tbk
がインドネシア証券取引所(IDX)に上場することで1812万リンギ規模
の利益が生まれる可能性があるとしています。

株式の公開発行を伴う公募(IPO)を行うことで得た収益は、
融資返済や事業コストへの利用を検討しています。