タイのTCCグループ傘下のベーリユッカーはBIGC店舗数の倍増計画

タイのTCCグループ傘下のベーリユッカー(BJC)は、
傘下のBIGC店舗数を倍増する計画を発表しています。
100億バーツを用意して、そのうち80%の額は
小売企業大手のビッグCスーパーセンター(BIGC)の
事業拡大へ投資します。

9つのBig C Hypermarketsと4つのBig C Market stores、
200のコンビニタイプのMini Big C outletsを建設、
出店する計画です。

2016年9月末時点でBig C Hypermarkets(114店舗)、
Big C Extra(15店舗)、Big C Markets(59店舗)と
なっていますが、コンビニエンスストアタイプのMini Big C
(487店舗)にはかなりの比率で投資を進めます。

残り20%の投資額はBJC社の事業拡大へ向けられ、パッケージング事業、
ガラスボトル事業などへ投資します。
2017年後半に1日300トンクラスが生産できる工場を建設中です。
この工場の完成で1日2735トンが製造可能になり、前年比10%の
製造能力となります。

BJC社の2016年度1月~9月期業績は売上974億3600万バーツ、
純利益27億7200万バーツとなっています。
総負債が1540億バーツ、金融機関の借り入れ670億バーツなどに
なります。
今後、調達利子の削減と借り換えを目的とした社債を発行予定で、
200億バーツを16年内に、470億バーツを2017年年内に発行すると
しています。

BIGCに関しては総売上が落ちる見通しです。
不採算商品の取り止めや利益重視の方向を打ち出したためと
しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。