マレーシアのエアアジアは香港二部市場への上場を計画

マレーシアのエアアジアAirAsia Bhd(AIRASIA)は、
香港市場への上場計画を発表しています。
2017年半ばを目指し、中国人投資家からの資金を集めたいと
していて、マレーシア証券取引所(BURSA)との複合上場を
目指します。

エアアジア代表取締役CEOのTony Fernandes氏は、香港上場する
ことで新しい資本を取り入れ、中国などの北アジアでの展開を
さらに進めていく考えです。
香港での上場はアジアでの資金調達により多くの選択肢、
柔軟性を与えることを考慮して計画しています。

エアアジア・グループはタイ証券取引所(SET)、マレーシア証券取引所
(BURSA)に上場しています。
また、フィリピン証券取引所(PSE)、インドネシア証券取引所(IDX)へも
上場を計画しています。

2016年12月にはフィリピン法人のエアアジアフィリピンが
2017年に新規株式公開を行うと発表、新規上場で2億USドルを
調達予定です。

2015年度のエアアジアAIRASIA社の業績は売上16%増、
62億9800万リンギ。
純利益は553%増の5億4119万リンギでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。