マレーシアの国内消費心理はまだ弱い状況が続くと予想

マレーシア経済研究所が実施した調査によると、
マレーシアのメーカーは今後数年間は楽観視できますが、
消費者心理がやや改善しているものの、依然として弱い状況が
続いています。

ビジネス環境調査では、17年第1四半期中にマレーシアのメーカーが
好調に推移し、Mier Business Conditions Index(BCI)は
112.7ポイントと過去10四半期中、最高を記録しました。

世界的な景気回復と製造業の輸出額回復を背景にして、
2017年第2四半期は製造業生産と輸出の伸びが期待されると
しています。

各業界での売上高の増加は、重機械および輸送機器を製造する
分野で最も高く、その後に非金属、ゴムおよびプラスチック製品が
続いています。
また従業員賃金については、2017年第1四半期に給与が急上昇した
と回答した企業の68%が、1人当たりの賃金コストが上昇したことを
明らかにしています。

・マレーシアの代表的な製造業企業
Boustead Holdingボーステッドホールディング(BSTEAD):農園・重機・
投資
CB Industrial ProductCBインダストリアル(CBIP):大型機械
Favelle Favcoファヴェリー ファブコ(FAVCO):機械

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。