タイで新しいコンドミニアム価格が高騰、リセール物件が人気

新しいコンドミニアムプロジェクトの価格が高騰していく中で、
購入価格が26~44%低い中古物件・リセール物件への投資が人気だと
サンシリ(SIRI)社の子会社Plus Property社がコメントを出しています。

中古コンドミニアム・リセール物件と新規物件では大きな価格差があり、
中心部の新規高層コンドミニアムプロジェクトでは1平米平均
235,000バーツまで高騰しています。
チャオプラヤー川沿いウォーターフロント地区でのコンドミニアム価格は
最高値366,000バーツまで高騰しました。

同社の最新調査では、駐在員や富裕層が多いプロンポン~トンロー地区
ではここ近年で年間+25%上昇し325,000バーツまで高騰しています。

新規コンドミニアムの急激な価格上昇の影響により、同地区でも
中古物件に人気が高まっています。
転売案件は一般的に建物がよく維持されており、新規プロジェクトと
比べてもあまり違いはないとされています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。