タイのサイアムガス・アンド・ペトロケミカル社はミャンマーの発電事業へ参入

サイアムガス・アンド・ペトロケミカルSiam Gas And 
Petrochemicals(SGP)社はミャンマーでの発電事業参入を
発表しています。
4800万USドルをかけ、ミャンマーのモン州で火力発電事業へ
資本参加します。
発電能力230MW、州都モーラミャインでシンガポール企業、
Asiatech Energyが建設したものです。

同プロジェクトの運営主体Myanmar Lighting社の株式30%を
同社子会社であるSiamgas Global Investment Ltd.が取得します。
発電された電力はMyanmar Electrical Power Enterpriseへ
売電されます。
ミャンマーでの発電事業は今後も参画していく計画です。

同社は液化天然ガスLPGのスタンドシェア50%を占める企業で、
Siam Gas、Unique Gasブランドでタイで展開してきました。
LPGのガス貯蔵施設運営、LPGやアンモニア、石油系燃料の輸送等も
手掛けます。
子会社にはLucky Carrier社、Siam Quality Steel社、
Siam Ethanol Export社などがあります。

近年は石油価格下落、LPGガス補助金削減で利幅が低下しています。
そのため同社では海外向け子会社の設立、発電事業などへのシフトを
開始しています。
2016年度業績は売上481億6100万バーツ、
純利益11億1900万バーツでした。