タイ サハパタナビブン(SPC)

タイの大手財閥サハパタナビブン(SPC)傘下の
サハパタナ・インターホールディング(SPI)は、タイでヘアカット専門店を
展開するQB(Thailand)からキュービーネットと丸紅が撤退することと
発表しました。

これは累積赤字が増加したことを理由にしています。
QB(Thailand)は2005年からバンコク市内で早い、日本スタイルを売りに
していました。
しかし1回100バーツと言う値段が、一般の散髪代金の倍額ほどするため、
一部の富裕層くらいが訪れ、また日本人が利用するという状況に
なっていました。

結果として累積赤字が2000万バーツを超えたために、サハ・パタナビブンは
QB(Thailand)の施設を譲り受け事業継続し、社名を「Hair Service (Thai) Co.,
Ltd」、ブランド店名を「Easy Cut」に変更するとしています。

またもう一つ、サハ・パタナでは日清食品のタイ子会社Nissin Foods
(Thailand)の株式45%を日本の日清食品側に約7000万バーツで売却します。
こちらはタイ日清側が事業が伸び悩み、累積赤字が3億5000万バーツと
なっています。