シンガポールのチャンギ国際空港の第4ターミナルが2017年10月開業予定

シンガポールのチャンギ国際空港第4ターミナルが2017年10月31日に
開業する予定です。
ターミナル4には乗客の顔認識システム、集中セキュリティ・
スクリーニング、自動チェックインやセルフサービスオプションを
提供する予定です。

建設工事は完了しており、チャンギ空港グループでは2,500名の
空港スタッフと1,500名のボランティアによる試験を実施しています。
同ターミナルを利用する主な航空会社はキャセイパシフィック航空、
セブパシフィック航空、大韓航空、スプリング航空、ベトナム航空、
エアアジアグループなどを含む9社です。

ターミナル4は年間1,600万人の乗客を扱う処理能力を持ち、
チャンギ国際空港の年間運航能力は6600万人から8,200万人に
達します。
新ターミナルはセルフ方式を取り入れ、チェックイン、委託手荷物の
タグ付けと預け入れ、出国手続き、航空機搭乗まで空港職員をほとんど
必要としないシステムを導入しています。
さらに同空港ではターミナル5まで建設が進んでいます。

チャンギ国際空港のターミナル1は1981年7月開業でゲート数29、
ターミナル2は1991年6月開業でゲート数35、
ターミナル3は2008年1月開業でゲート数28、
ターミナル4は2017年10月開業予定でゲート数21となります。
ターミナル5は現在の空港を東側に拡張し、2025年頃の開業を
予定しています。
完成後は年間最大1億5000万人の利用ができるようになると
しています。