シンガポールのテマセク・ホールディングス、不動産関連傘下4社を統合

シンガポールの国策投資会社であるテマセク・ホールディングスTemasek Holdings
では、同じく国営の工業団地不動産開発JTCコーポレーションの幹部と会議を開き、
不動産関連傘下4社の統合を計画していると発表しています。

シンガポールの国策投資会社であるテマセク・ホールディングスTemasek Holdings
では、同じく国営の工業団地不動産開発JTCコーポレーションの幹部と会議を開き、
不動産関連傘下4社の統合を計画していると発表しています。

統合するのはJTCコーポレーション子会社のアセンダスAscendas Pte社
ジュロン・インターナショナルJurong International Holdings社
テマセク社傘下のサーバナ・インターナショナル・コンサルタンツ
Surbana International Consultants Holdings社
シンブリッジ・グループSingbridge Group社を統合します。

統合することで中国、インド、東南アジアでの都市化開発の効率化。
合併におけるコスト、財務状況に関しては説明しませんでした。

Temasekテマセク社は1974年に設立されたシンガポール政府系投資企業で
国営のシンガポールエアラインSingapore Airlines Ltd
湾岸運営のPSAシンガポール、PSA Singapore
金融機関のDBS銀行 DBSBank
スタンダードチャータード銀行Standard Charteredなどの株式を
保有しています。