タイで相続税の導入の兆し

By: rjpCC BY 2.0

タイの相続税導入に向けてタイの軍事政権では国内の所得格差是正のため、
相続税や贈与税の導入と、負の所得税(所得が低い世帯への給付金)制度を
導入する計画を発表しています。
固定資産税では不動産に向けて数%を課税予定。
相続税には5,000万バーツ以上の資産におよそ10%程度を課税予定。
また生前贈与資産に向けても税率を課す予定を出しています。

タイの相続税導入に向けてタイの軍事政権では国内の所得格差是正のため、
相続税や贈与税の導入と、負の所得税(所得が低い世帯への給付金)制度を
導入する計画を発表しています。

固定資産税では不動産に向けて数%を課税予定。
相続税には5,000万バーツ以上の資産におよそ10%程度を課税予定。
また生前贈与資産に向けても税率を課す予定を出しています。

現在の首相Prayuth Chan-ocha氏は6800万人いるタイの人口のうち、税を支払い
しているのはおよそ2000万人に過ぎないとし、予算新年度の始まる10月までに税制度
を固め公平な税のシステムを導入するとしています。

相続税Inheritance tax(IHT)に関しては当初5~30%程度と見られていましたが、
最終的に10%程度になる見通しが出ています。