RS社の歴史と事業転換、音楽・芸能事業モデルシフトに関して(2)

RS社ではタイ国内の健康美容市場は2,500億バーツを超え、
高齢化社会になるにつれてさらに成長することを予想しています。

デジタル放送Channel 8、衛星放送Channel 2、Sabaidee TV、
You Channel、Ploen TVなどRS社が保有する5つの
番組マーケティングツールが同社のヘルスケア・化粧品事業を
牽引しています。
同事業は目標としていた4.4億バーツを越え、すでに5億バーツ
以上となり、通年では12億バーツを目指しています。

同社の売上比率の35.1%がヘルスケア・化粧品事業で、
メディア事業は50.7%。
音楽事業が7.5%、イベント関連事業が6.7%となっています。

RS社は過去10年間にCD不正コピーや著作権侵害の危機に
苦しんでいましたが、既存アーティストのアルバムに新しい
シングルをバンドルして新しいビジネスモデル立上げと転換を
進める方針を打ち出しました。

同社はCD販売事業を閉鎖し、タイ国内消費者の消費行動変化に
対応するため、ダウンロードとストリーミングへ事業転換を
行った最初の企業となりました。
しかし同社は音楽を聞く文化が無くなったわけではなく、
聞き方や購入方法が変化しただけであると分析しています。
また、2014年にデジタルテレビ事業へ参入したことも
新しいビジネスモデルへの転換期であったとしています。