BECワールドはチャットアプリ最大手、LINEが運営するLine TVと協力

タイのTV局大手、BECワールドBEC World(BEC)では、
チャットアプリ最大手、LINEが運営するLineTVと
協力して、デジタルTVセグメントで競争力を維持すると
しています。

これにより、BECワールドの最高経営責任者(CEO)、
Prachum Maleenont氏は、マスメディアのデジタルTV
チャンネル、”Channel 3″が若い視聴者に届くよう強化する
とコメントしています。

タイのアナログTV業界で長年視聴率の高い番組コンテンツを
提供してきた同社は、近年のデジタルTV放送開始や
インターネット普及により動画コンテンツチャネルが多様化し、
視聴率や広告が伸び悩んでいました。

しかし、Channel 3の強みとして、幅広いコンテンツ
(タイのソープ系ドラマ、ニュース、バラエティー、
エンターテインメント、ドキュメンタリー番組など)を
展開できることを挙げています。
LINE Thailandとの提携はコンテンツ視聴者を拡大させる
絶好の機会であるとしています。

BEC World社の業績は、2015年売上160億1791万バーツ、
純利益29億8200万バーツ、2016年売上125億3400万バーツ、
純利益12億1800万バーツ、2017年度1月~9月期売上
91億300万バーツ、純利益3億9600万バーツと下落しています。

同社では2018年にデジタルコンテンツとオンラインコンテンツ
に重点を置いて視聴者獲得を目指すとしています。
Line TVは現在タイで最も人気のあるメディアプラットフォーム
の1つであり、今回のパートナーシップはChannel 3との視聴者関与
を促進すると期待しています。