東南アジアの株価

世界経済見通しの不透明感やユーロ圏債務問題が投資家心理を圧迫する中で
上昇傾向で回復する市場が多数でした。

フィリピン証券取引所(PSX)マニラ市場の主要株価指数PSEは+0.44%高でした。
マレーシア証券取引所(BURSA)総合株価指数(KLCI)は+0.19%高になっています。
ベトナム・ホーチミン市場のVNI指数は+2.45%高になっています。

インドネシア銀行大手6位のダナモン銀行(BDMN)はマイナス6.3%安になっています。
シンガポールの銀行最大手DBSグループ・ホールディングス(DBSM)が73億ドルの
買収提案が、インドネシア中央銀行の許可が下りない可能性があるとの懸念になって
売られています。