マレーシア

マレーシアの特集続きです。
ハラル食品は原材料だけがシャリーア適格であるというだけでは認可されず、
製造プロセスや保管方法、輸送手段に関してもイスラム法適格でなければ
ならないとされています。

そこでマレーシアは国として世界ではじめて、ハラル認証機関を作り、
世界の食品産業のハラル適合を管理し、推進しています。

1975年、ハラルラベルを使う企業はマレーシア政府認証が必要となります。
1982年、現在のJAKIM(ムスリム用食品に関する委員会)の前身が設立。
1997年、マレーシアだけでなく、世界的にイスラム基準(ISI2020)が設定。

2003年、マレーシア政府はハラル製品に関するマレーシアの地域ハブ化のための
技術委員会を設立。
2004年、政府はハラルフードの生産インセンティブを受けるための
    ガイドラインを発表。
ハラル食品会社は投資するに際して税金が5年間無税となる
インセンティブが与えられた。
2004年、ハラルフードに関するガイドライン(MS1500:2004)が、
    JAKIM及び関係団体により作成。
マレーシアにおける食品取引のガイドライン基本要件となりました。