マレーシア プロトン

マレーシア自動車大手のプロトンは、日本の日産自動車と提携の可能性などに
関する調査を実施することで合意したと明らかにしています。

マレーシアでは日産は日産ブランド車の組立・販売を地場系エダラン・タンチョン・
モーター社と提携していますが、今後プロトンと組むことでメリットもあると強調
しています。

またインドの財閥、タタ・グループは、マレーシアにおける国民車メーカーの
プロトン・ホールディングスとマレーシア国内における自動車製造での提携に
関心をみせています。
マレーシアのムヒディン・ヤシン副首相にタタ・グループのラタン・タタ会長が
伝えています。
インド・タタ・モーターズが2009年に開発した3000米ドルの超格安車「ナノ」の
マレーシア生産を委託し、マレーシア国内の販売網で進出したい考えです。

提携の実現はプロトンの経営陣の判断次第だとコメントしていて、提携案を具体化する
にあたって更なる検討が必要だとしています。
またマレーシアのムヒディン副首相は、インドの財界人32人と円卓会議を行い意見を
交換しています。
インド企業から石油ガスやバイオテク、医薬、情報通信技術(ICT)などの分野から
40億リンギの投資を期待していると発表しています。