マレーシア、インドネシアの価格サイト

イスマイル・サブリ・ヤアコブ国内取引共同組合消費者行政相は、マレーシア
全土1,255の小売店で販売される商品の価格をチェック、比べることができる
ポータルサイト「1マレーシア・ペングナ・ビジャク(1MPB)
(www.1pengguna.com.)」を発表しました。

こちらのサイト発表してすぐに不具合が発生し、クレームが発生しましたが、
基本コンセプトはマレーシアの全国のハイパーマーケット110店や
スーパーマーケット404店、ウェット・マーケット360カ所、
コンビニエンスストアなどで販売される商品が対象とされ、

小売価格の比較と同時に、消費者が消費関連の問題について話し合う
プラットフォームも設けらます。
マレーシア政府が主導となり、価格サイトを運営していきます。

インドネシアではプライス・エリアが有名です。
●PriceArea:プライスエリア http://www.pricearea.com/
こちらはインドネシア国内の価格比較提供サービスサイトで、1100店舗以上の
オンラインストアから120万商品の価格データを提供しています。

トップページはかなりシンプル化されていて製品名を入力後に「CARI」の
ボタンをクリック。
インドネシア語で「CARI」とは「探す」の意味であり、良く使われる単語の
一つです。
価格の比較サーチから、その製品レビューまで行い、日本の価格コムのモデルと
類似しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。