インドネシア上場企業スンブル・アルファリア・トリジャヤの2010年度の業績

インドネシアでコンビニエンスストア「Alfamart」を展開している
PT Sumber Alfaria Trijaya(AMRT)
証券コードAMRTスンブル・アルファリア・トリジャヤでは2010年度の利益は
2560億ルピア(25億円規模)であったと発表しています。
2009年度の利益は1860億ルピア(18億円規模)でした。
前年比+37.6%でした。
売上では
2010年度14兆1000億ルピア(1410億円規模)で、
2009年度10兆5550億ルピア(1055億円規模)から前年比+33.2%の伸びでした。

インドネシア経済新聞KOMPASでプレスリリースとして発表されています。
PT Sumber Alfaria Trijayの代表取締役Djoko Susanto Feny氏は企業の
コスト削減、チェーン店舗の増加、利益率レベルの改善が効果を出したと
しています。

2010年度は新規開店数は1439店舗が開業し、4つの物流拠点
(ディストリビューションセンター)を開設しています。
また総店舗数は4400店舗(2010年8月)から5000店舗を越えたとしていて、
インドネシア小売業界の30%以上を占めているとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。