インドネシア キミアファーマ(KAEF)

インドネシアの国営製薬会社PT Kimia Farma (KAEF)は4000億ルピアを
投資して製薬工場と新しい医薬品販売店舗を建設するとしています。

新工場は東ジャカルタのPulogadung地区で建設予定は2013年第2四半期になります。
同社の生産量は現在
タブレット型錠剤の薬品は25万個、カプセル型は15億個生産していますが、
3倍になる予定です。

Kimia Farmaの代表取締役Rusdi Rosman氏は増加する需要に追いつくために
生産量を拡大していくとコメント。
また店舗も新規に最低でも薬局を50店舗、クリニックを100店舗を拡大予定で
現時点で400の薬局と100のクリニックを大きく拡大していきます。

2013年度は売上目標を前年比+8%増で4兆ルピア(400億円規模)を目指し
純利益で2300億ルピア(23億円)を見込んでいます。