インドネシアのアダロ・エナジー、純利益低下

世界的な石炭価格の下落によってインドネシアの石炭採掘大手のアダロ·エナジー
Adaro Energy(ADRO)では、2014年上半期の純利益は-31%の低下を報告しています。
純利益は-31%でUS$1億7177万ドル、売上では-6.9%増で$16億9000万ドルの業績でした。

世界的な石炭価格の下落によってインドネシアの石炭採掘大手のアダロ·エナジー
Adaro Energy(ADRO)では、2014年上半期の純利益は-31%の低下を報告しています。
純利益は-31%でUS$1億7177万ドル、売上では-6.9%増で$16億9000万ドルの業績でした。

中国での過剰供給、ニーズの下落で世界的な石炭価格の下落が継続していて、
まだ回復の兆しになっていません。
2014年6月時点のインドネシア石炭価格Indonesia’s coal reference price
(HBA)は1トンあたり$73.64ドルで、2014年1月の81.9ドルから-11%下落しています。

2014年上半期は同社は2825万トンを販売。
前年同期比+14%増の販売量でしたが、逆に利益幅は減少してしまいました。
2013年度の通年の業績は売上で32億8510万ドルで、純利益では2億3,100万ドルでした。