マレーシアのプレスメタルの売上、純利益増加

マレーシア証券取引所(BURSA)のプレスメタルPress Metal Bhd(PRESS)
では第2四半期の業績を発表し前年同期比300%増の6,000万リンギで
好調でした。
売上では+25.8%増でRM10億リンギになっています。

マレーシア証券取引所(BURSA)のプレスメタルPress Metal Bhd(PRESS)
では第2四半期の業績を発表し前年同期比300%増の6,000万リンギで
好調でした。
売上では+25.8%増でRM10億リンギになっています。

2013年度の業績は売上で31億2170万リンギ、純利益では1,500万リンギと
なっています。

同社ではアルミニアム製品、窓、ドア、カーテンなどの家具製品、
フレーム製品などを生産しています。
水処理事業なども展開し、アルミ製品、スチール製品の取引先はマレーシア、
東南アジア、ヨーロッパなど幅広く展開しています。

売上、純利益の増加の背景はビンツル工場Bintulu smelting plantでの
完全稼働が2013年第4四半期から稼働し、製造能力が上昇したことが
挙げられます。
世界のアルミ消費量は+6.8%増になっていて、アルミニウムのような原材料需要
の増加傾向であるとしています。